引っ越しが決まると、今使っているネット回線は使用が出来なくなります。

 

変更手続きが必要です。
引っ越し先のネット環境によっては、工事が必要になる場合もありますので早めの手続きがオススメ。
立ち合いが必要になりますので、早く予約をしなければ最悪1か月後まで開通ができないなんてこともありえます。

 

 

ネット回線には

「今のプロバイダーをそのまま使用」
「今のを解約して新しい回線に切り替え」

2パターンがあります。
それぞれについて、説明していきます。

 

 

今のプロバイダーを使用

同じ回線を使用する場合は、新たに契約をする必要はありません。

 

しかし、そのままモデムを繋げば使えるというわけではなく切り替えは必要です。

 

 

切り替え方法は、会社によってことなります。
契約をしている会社に問い合わせをしてみましょう。

 

回線の工事が必要な場合もありますので、早めに確認をし予約をしておくといいでしょう。
年末ともなると業者も忙しい時期です。最悪の場合、日程が埋まっていて年始までネットが繋がらないなんてこともあり得ます。

 

 

新規のプロバイダーを使用

今の回線を解約し、新規で契約をした方が「キャッシュバック」がありお得な場合があります。

 

 

今使っている回線のメールだけを使用したいという方は、数百円で使用可能な会社も多いので問い合わせてみるましょう。
メール機能だけ今のまま残し、新たな回線を契約し「キャッシュバック」を貰うという方法もお得ですのでオススメです。

 

多数ある会社を比較し、一番希望にあった回線を見つけるにはサイトを利用するのが一番です。
サイト一覧→「安いプロバイダーが一目で分かる」

 

 

NTTフレッツ光