電気・水道の手続き

 

ガスの手続きは「立ち合い」が必要ですが、電気・水道は立ち合いは必要ではありません。

 

 

電気の手続き

電気の使用停止日は必ず伝えましょう。

 

停止日の翌日に、電気会社の人が来てメーターを確認します。

 

そのメーター数によって、日割りで電気代は請求されますので、届け出を忘れていると使用していない分も請求されかねません。

 

新居に移ると、玄関・郵便受けどこかに電気開始の用紙が入っています。
それに必要事項を記載し、ポストに投函しましょう。

 

 

前の方が退去した際、メーター数を電気会社の人が確認していますのでそれ以降の使用料が日割りでの計算になります。
電気開始の用紙を投函していないと、メーターが回っているのに届け出がないということで催促の連絡が来ますので、新居についたら早めに投函しましょう。

 

こちら参考に→電気会社一覧

 

クレジットカードを持っている方は、公共料金など毎月かかるものはクレジット払いにしておくとポイントも溜まりお得です。

 

 

水道の手続き

電気・水道の手続き

 

水道の使用停止日は必ず伝えましょう。

 

電気と同じく日割り計算になります。
水道に関しては、退去する際必ず水が出ていないかチェックしてから退去しましょう。
特にシャワーです!

 

 

少しでも出ていると、使用分として請求されますので最終確認を忘れずに。
各県に水道局がありますのでホームページで調べて手続きをしましょう。