引っ越しが決まったらまずやっておくべき事リスト

 

引っ越しが決まると、やっておかないと後々困ってしまう手続きが何個かあります。
意外とすぐ出来るものでも、目先の荷造りに追われついつい忘れてしまった…などという事もあるのがこの手続き。

 

今回は【引っ越しが決まったらやっておくべきリスト】をまとめてみました。
詳しく記載もしていますので、是非参考にしてみて下さいね。

 

 

郵便物の転送届

この手続きをしなければ、引っ越しをしてもあなた宛ての郵便物が旧住所に届いてしまいます。
手続きまでに1週間程度かかりますので、早めに手続きを済ませておきましょう。

 

「●●日から転送」というように、日付指定が出来ますので早めに手続きを済ませても問題はありません。

 

今は、窓口でもインターネットでも手続きが出来るのでとても簡単に手続きが可能です。
手続き方法について、わかり易くまとめています。

 

 

 

転出届

あなたがどこに在住しているかを証明する大切な手続きです。
国からの大切な書類は、住民票の場所に基づいて郵送されますので、転送届を出していないと「通知が来なかった」などという事にもなりかねません。

 

転送届はとても簡単ですので、引っ越しが決まったら早めに手続きをしてしまいましょう。
方法として窓口郵便の2パターンありますので、あなたの都合にあった方法で手続きをしましょう。

 

 

 

転居届

新住所に引っ越しが完了したら14日以内に手続きを完了する必要があります。
転出届の手続きの際受け取った「転出証明書」が必要になります。

 

こちらは窓口での続きになりますので、各区役所のホームページを確認してから手続きにいきましょう。

 

 

 

 

ガスの手続き

ガスは、新居に行けばすぐに使えるものではありません。
立ち合いの元「開栓」をしてもらわないと使用が出来ないのです。

 

うっかり忘れてた…ともなると、当日にシャワーにも入れなくなります。

 

また、年末年始は引っ越し業者にとって、繁忙期です。
ガス会社の人との日程の調整もありますので、早めに手続きをしておきましょう。
ガスの開栓と、退去する際の手続き方法についてまとめてあります。

 

 

 

 

電気・水道の手続き

電気と水道は「立ち合い不要」で使用が可能です。

 

だからと言ってそのまま手続きをせず、退去ではあなたが損をしてしまいます。

 

退去の連絡・入居の連絡は必ずしましょう。
退去連絡をいれるとその日までの日割り計算で料金を算出してくれます。

 

何も連絡をしないでいると、日割り計算ではなく基本料が1か月丸々請求されてあなたが損をしますので必ず連絡をいれましょう。

 

 

 

インターネット回線の手続き

引っ越しが決まると、今使用のネット回線の「更新」「変更」手続きが必要になります。

 

引っ越し先にもよりますが、立ち合い工事が必要な場合があります。
年末年始は業者もとても混んでいますので1か月後などはザラです。

 

早めの手続きがオススメ

 

どうせなら変えてもいいかなという方は、新規で契約をし「キャッシュバック」を貰うお得な方法もあります。

 

 

 

不用品の処分