大手引越し見積もりサイト:引越し侍公式ページ
→→ http://hikkoshizamurai.jp/

 

引越しをしよう!と思ったとき
「駅から●分以内」
「ペット可」
「オートロック」…etc

 

色々と希望の条件があると思います。
その中でも、皆さんに共通しているのは「少しでも家賃を安く」ではないでしょうか。

 

今回は、賃貸物件を安く借りる方法を見ていきましょう。

 

仲介手数料を押さえる

 

家を借りるとき、どうしても支払わなければいけないものに「仲介手数料」があります。
仲介手数料は、大体の相場が家賃の1か月分になります。

 

仲介手数料だけでも、数万・数十万ともなるとかなりの負担になってしまいます。

 

この仲介手数料は、「無料」もしくは「半額」にすることが可能です。

 

 

今は、一人でもお客さんを逃したくない為に「仲介手数料」の割引をしているところが多くあります。
この仲介手数料は、業者によっても変わってきます。

 

「この物件良いな」
と思ったら、同じ物件を何件もの不動産業者が抱えていますので、「手数料無料」「手数料半額」とうたっている業者にあなたのお気に入りの物件を依頼するのもいいでしょう。

 

 

 

家賃交渉をする

 

家賃を一カ月1,000円値引きをしてもらうだけでも、年間で考えると12,000円です。
「駅から離れている」
「1階である」
などの理由で、少しの間空いている物件の場合もあります。

 

大家さんとしては、少しでも値引きをして入ってもらえるなら空きのままにしておくよりもずっといいのです。

 

「少し家賃安くなりませんか?」

 

というように、不動産の人に交渉をお願いしてみましょう。
家賃は毎月支払うものになりますので、少しでも安いに越したことはありません。

 

 

キャンペーンを利用する

 

不動産によっては「敷金礼金割引物件」などのように、キャンペーンを打っている業者もあります。

 

敷金は、退去の際どうしてもかかってしまう「クリーニング代」に一部を使用し余った金額については、返金されるのでゼロでなくてもあなたにとっては痛手はありません。
逆に、敷金ゼロの物件ですと退去の際に請求をされます。

 

礼金については、まったく戻ってこないものになりますので少なければ少ないほどいいでしょう。

 

礼金がゼロや割引キャンペーンを利用するのがポイントです。