引越しをする際、初期費用もかかってしまうため一番押さえたいのは「引越し費用」ですよね。

 

今回は、12月・年末年始の引越しについて安く抑えるためのポイントをお話しします!

 

1年で一番引越し費用が高いのはいつ?

 

2月3月が、一番引越し料金が高いと言われています。
この時期は、どうしても引越しをしなければいけない入学・入社・人事移動などが重なっているため、年間で一番人の移動がピークになるためです。

 

どうしても引越しをしなければいけない人が多いため、空いているいい物件はすぐに押さえないと他で契約をされてしまうというように不動産業者も引越し業者も、一年で一番の繁忙期になります。
引越し業者も、車の台数・動ける人の数も決まっていますので引越し依頼が集中してしまいますと、値引き交渉もしにくくなります。
そもそもこの時期は値段交渉の前に、希望の日に引越し業者に引き受けてもらえるかの心配の方が優先です。

 

この時期に引越しをどうしてもしなければいけない…といケース以外は、2月3月はできる限り避けたい時期です。
逆に、この2月3月に引越しが決まっているという方は、引越しが決まった時点で早めに引越し業者に依頼をしておく方がいいでしょう

 

 

12月の引越し料金は安い?

 

8月・10月が、次に繁忙期とされています。

 

8月は、比較的長期休暇が取りやすいという理由から、引越しの時期としては需要が高まります。
10月は、仕事でも上半期が終了し下半期突入に伴っての人事異動など引越しが多くなる時期です。

 

では、12月年末年始はどうでしょうか?
「師走」と言われる12月は世の中がとても忙しい時期になります。

 

大変なことは年内に終わらせてスッキリと新年を迎えたい
年内には、引越しも片付けも終わらせたい

 

などの理由から、12月年内は需要があるようです。
旧年中に色々終わらせて、新年は新たな気持ちで迎えスッキリと年始を過ごしたいという気持ちはわかりますよね!

 

 

年末年始の引越し事情は?

 

このような理由から、年末より年始の方が引越し需要は多いようです。
年始となると、新年の挨拶回りや帰省など、どうしても予定がつまり引越しの時間が取りにくくなるため、年末に比べれば極端に年始は需要が減ります。

▼年末年始の注意点

 

・12月31日、1月1日・2日は引越し業者も休業している会社が多い
・Uターンラッシュや帰省などの渋滞に巻き込まれ予定通りトラックが進めず時間が読めなくなる

 

などが挙げられます。

 

繁忙期の2月、3月、8月、10月に比べればまだ料金交渉はしやすいですが、12月は何かと忙しい時期になりますので、引越しが決まっている方・お考えの方は早めに業者への見積もりを済ませることがオススメです。

 

 

12月・年末年始で引越し料金を安く抑えるポイント

 

以下の点を抑えるだけでも料金交渉はしやすくなります。
引越し料金を少しでも安く抑えるために、押さえておきたいポイントです。

 

◆曜日

 

やはり一番高いのは土日祝です。
→土日祝がお休みの方が多い為、休みの日に引越しをしたいという希望が集中するためです。
土曜日に引越しをし、日曜日に片付け整理できた状態で月曜日を迎えたいという需要が多い為、日曜日より土曜日の方が引越し料金は高くなります。

 

◆時間帯

 

午後便・フリー便よりも午前指定の方が、高くなります。
→午前中に引越しを済ませ、早く片付けたいという方が圧倒的に多い為です。
引越し業者の都合に合わせた「午後便・フリー便」の方が、安く設定されています。

 

◆月中の時期

 

月末の方が月初より、料金が高くなります。
→月末までの家賃を払い、月初から新居に移動と考える方が多い為月末の方が高くなります。

 

◆曜日

 

基本的に、大安の日は引越し料金も高くなります。
→縁起を担ぐ方などは、日取りにもこだわりますので大安を選ぶ傾向があります。そんなのきにしない!という方は大安以外、特に仏滅の日を設定すると料金は安く交渉することが可能です。

 

 

引越しの際の「値段交渉」の仕方

 

どうやって値段交渉したらいいか分からない…という方はこの言葉を使ってみましょう。

 

「他の業者にもこれから見積もりをお願いしていて…」
「他の業者はこれくらいの金額を出してくれて…」

 

などと、他の業者さんにも依頼していて今すぐ御社に決め兼ねる…という言葉です。
そうすると
「では、今この場で契約頂けるのでしたらここまで値下げできますがどうでしょうか?」と値段交渉が可能になります。

 

ポイントは、複数の引越し業者を見て安いところで決めたいという意思です。ですので、複数の引越し業者に見積もりを取っておくことで格段に値段交渉がしやすくなりますので引越し侍などの大手見積もりサイトで2?3社見積もりを取っておくといいでしょう。

 

大手引越し見積もりサイト:引越し侍公式ページ
→→ http://hikkoshizamurai.jp/

 

どうしても後回しになりがちな作業ですがウェブで3分で見積もり申し込みは完了です。これが値下げ交渉の一番のポイントです。見積もり依頼さえ済ませ、後は業者からの電話を待ちそこでスケジュールを確定するといいでしょう。